2013年10月16日

ひたすらひたすら

記録を更新してしまったでしょうか...

かなり空けてしまいました。
ごめんなさい。

なんだか色々ありすぎて
考えすぎて,,,

と言うとかなりネガティブに
聞こえるけど。


そんな色々の中で
毎年この時期そうだけど
ギンモクセイの香りに
癒されたり、

美味しい紅茶に出逢って
ホッとするアイテムが増えたり

この紅茶はいずれ紹介したいぃ。

あと、お腹が空いたからって
実家に帰る夢を見たり(笑)


で、今台風。

これからちょっと怖いです。



色々なことに私の気持ちが
くじけないように、

ある方が言ってた、

忙しくても、疲れていても辛くても
それでもhappyで過ごせるように

そんな言葉を思い出しながら

うん...
今もこれからもひたすらに。

そして

キャンドルを創り続けていますヨ。
ひたすらに。

この頃はオーダーメイドが増えていて
今日、ご紹介するのは
友人の誕生日にお花のキャンドルを...と
オーダーをいただいて
新作、Prayer of Flower -花の祈り-
Candle Name 「Now and forever」を

創りました。

flower


ひたすら花びらを創ったけど...
300枚くらい。


Love ya xo Maki


では今日の一言
せーの!『10年後』


venusvoice at 00:04│Comments(8)

この記事へのコメント

1. Posted by FTO   2013年10月16日 00:15
5 おぉ〜
すっごく綺麗な、ピンクローズですね
花びら作るのが、大変そうだけど、頑張った結果は、ものすっごく出ています。
感動ものです

更新は、気が向いたとき、時間が空いたとき、励ましがほしいとき、愛がほしいときなど、無理しないで行きましょう

台風
コースは外れていますが、こちらも雨風が強くなってきました。。
お互い気を付けて、過ごしましょう。
そして、皆様に被害の無いことを祈ります。

久々の更新、ほんとありがとう☆
一安心です
2. Posted by MA-100140   2013年10月16日 00:28
5 素晴らしい作品に仕上がっていますよね。真季さんのお花のキャンドルはいつ見てもすごい。どんどん緻密に繊細になっているように思います。

そのうち、10年と言わずして、キャンドルの作品集(写真版?)が作れるように思います。それも楽しみです。
3. Posted by 鬼神7010   2013年10月16日 01:18
300枚の花びら作成は根気強さがないといけないですよね!真季さんがいろんな事を思いめぐらしという感じはどことなく分かるような気がします。自分もフリーランスで物書きを仕事していますから時間がパッと開いたりするといろんな事を考えてしまいますから。お店経営してる人とかもそういう感じは多いでしょうね。
4. Posted by iok   2013年10月17日 01:09
元気そうで なにより。

ブログが負担なら つぶやきでも
5. Posted by アマゾネス   2013年10月17日 20:35
5
たまたま忙しくて半月チェックできてなくて
かえって何だかラッキーって感じです。
真季ちゃんの繊細なバラの花びらに感動しています。
きっとすごく高価なんでしょうね。

12日に日帰りでユニバへ行ってゾンビたちに会ってきました。
去年とはまた趣向が違ってて良かったです。
来年も楽しみ。
6. Posted by A   2013年10月19日 14:05
真季さん

お久しぶりです
以前、色々質問させて頂いておりました、Aです〜
素敵なキャンドルですねプレゼントにしたら、とても喜ばれそう

そしてそして久々の質問(笑)ホッとする!?紅茶、是非是非知りたいです〜あと以前の記事の洗顔フォームの事も。お手隙の際にupして頂けたら幸いです〜
7. Posted by 浅田真季   2013年10月27日 00:38
今月は、ブログ書くのが少なくて
ごめんなさい。

このキャンドルのお花は
今まで創ってきた中で一番私も好きなの。

来月、お店で販売する予定です。

そう、紅茶
近い内に必ず。

洗顔フォームはまた時期がきたら
お知らせしますね。

8. Posted by A   2013年10月27日 10:50
真季さん

お忙しいところ、お返事ありがとうございますm(__)m紅茶&洗顔フォーム楽しみしています

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment