2013年04月14日

私にもあるのよ、恥じらい

先日久方ぶりに、夏目プロデューサーに
お会いしまして、人に会うのも?
久しぶりだった私には
話すってよいなぁーとかなり
原点にも戻りました

で、そんな中

とある件で(人生について)、
『そんなんじゃ、恥ずかしいから
もっと自分は頑張らなきゃいけない』と

いうようなことを話すと

『もうここまで生きてきたんだから
恥ずかしいとかじゃなくて
思う様に生きればいいんだよ

と答えた夏目プロデューサー。

『でも、初夜とかはきっと
恥ずかしいと思うんだけど...

と言うと

『それは「恥じらい」と言うんだ!
それは持っとけ



笑いながら一喝。


思い起こすと人生について語り合ってる時に
どうして初夜だったんだろう...

そんなふうに今は思います

さて、今日(日付が変わったから昨日だな...)
はキャンドルの打合せでした

お花屋さん(マルメ)のきくちゃんとのコラボ。

リースのベースを持参してくれていたので
そこにキャンドルを入れてみて
こうかな、あーかなと言いながら
どのキャンドルにするかふたりしてかなり模索

あれやこれやと色々出していく内に
机の上がこんなことに

meeting

でもちゃんと決まって、あとは互いに
制作に入るといった感じです

ちなみに、今回のコラボは
きくちゃんのお花屋さんでの販売になります

リリースされたらまたブログにその様子を
ご紹介しますね

きくちゃんには、いつもフダムールの
キャンドルを使っていただいて心から
感謝しています

とっておきの母の日になりますように


Love ya xo Maki


では今日の一言
せーの!『そばとパン』

買い過ぎたからとパンと
インスタントのそばを
送ってくれた母、マチコ。

そのぬくもりが嬉しかった

venusvoice at 00:45│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by FTO   2013年04月14日 00:58
5 早速thank youで〜す。
ゆっくり寝て下さいね(^_-)‐☆

夏目プロデューサー
グッジョブ
まさにその通りですね

心のままにで良いと思います。

机の上
実験室の様ですね
一つの商品(作品)に、試行錯誤や努力・愛情が詰まっていることが、よ〜く伝わります。
だから、炎や香り、形に、癒されるのでしょう

母上様からの、救援物資
ありがたいことですね
2. Posted by 鬼神7010   2013年04月14日 01:24
恥ずかしいも恥じらいも意味合いはほとんど一緒ですから真季さんは間違ってはないですけどね?恥ずかしいと思う気持ちから頑張ろうと思うのも人として成長しようといういわゆる一つの向上心だとも私個人的には感じますよ。その一方で思うようにというのもありですし、似たような表現方法で俳優の大杉漣さんが、あるがままにと必ずサインに書きますし落合中日前監督の俺流も有名ですが自分自身を貫きつつ日々過ごすのも人としてこれも大事なところではないでしょうか?
3. Posted by MA-100140   2013年04月14日 04:47
5
私から見たら真季さんは、すごくがんばり屋さんですよ。恥ずかしいとかは思えませんね。とても素晴らしいです。お写真から拝見するとキャンドルも色んな要素があるんですね。組合せは無限だなぁ。
4. Posted by オカバ   2013年04月14日 13:32
恥じらいの有無が女の子とおばちゃんの違いだと思うので、無くさないでください
5. Posted by 浅田真季   2013年04月29日 20:26
無くさない様に頑張ります。

かわいいおばあちゃんに
なりたいわあー!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment