2012年10月21日

靴の衣替え

しなきゃしなきゃと思いながら
できずにいた 靴の衣替え致しました。


毎年この衣替えの時に 
とある靴を手に、しばらく
想い出に浸ります。

beautiful

この靴、フェラガモなんだけど
いただいたものでした。

12年位前かな...

もしかしたら、いつかのブログでその人のことを
書いたかもしれないけど。

とても心の優しい人で言葉からも表情からも
それがとても溢れてる人。

私より10歳くらい歳上の女性でね、
海外で美容の勉強を積んで日本に戻ってきた女性。

彼女から教わる、恋愛観や例えば美容のこと香りのこと
当時の私には勉強になることばかりで
将来的に香りに関わるお仕事をしたいと言う話しを
したのも彼女が初めてでした。

何をどうしたら 形にできるかわからなかったし
不安というものもあったと思う。

けど、彼女は 「大丈夫よ できるわよ」って
温かい声で言ったの。

ある時、彼女のお家へお邪魔した時
どうも私はお腹が空いてたらしく
お腹が鳴ってしまったのね(笑)

そしたら彼女はふと席を立ち、しばらくすると
『食べていきなさい』ってご飯を出してくれたの。

そんな気配りのできる彼女を私は心から
尊敬してたし、そんな女性になりたいと
思ってた。

その人が突然くれたフェラガモの靴。


この靴が似合う自分になるまでって
履かずに、大事にしてました。

あの時の彼女の歳に私もなって...
あっと言う間だったなぁと感じます。

もし、今 会えたら 何を伝えるだろう。

何を伝えたいだろう。

彼女はこんな私のことを 空の上から
どんな風に見ているだろう。

きっとずっとずっと私は 彼女にはなれないけど
彼女に出逢えた事は 道標のようでもあり
希望だったと思う。


だから...ずっと
ありがとう

そんな風に思いながら 
しばらく 空を見上げていました。


Love ya xo Maki

では今日の一言
せーの!『always...』

venusvoice at 23:33│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by FTO   2012年10月21日 23:44
5 いつまでも、越えられず、だからこそ素敵な憧れの方になったのですね。

そして、目標・憧れている限り、真季さんと共にある。

真季さんは、真季さんで、また他の方々に影響を与え、与えられていく。

それが人生。
2. Posted by 闘魂まさゆき   2012年10月22日 00:04
3 現在はその靴が似合う女性になったのでは!!?

大切にしておく気持ちも分かりますが、履きこなすことも送った相手は喜んでくれるのでは('◇')ゞ
3. Posted by 鬼神7010   2012年10月22日 00:31
いつまでも自分の心の中に憧れや存在感がある人やよくいう男が男に惚れる、女同士でもありますよね。そして憧れの存在の人というのは自分自身にないものを持っているからでもありますよね。ちなみに私の憧れ、尊敬する人は何人かいるいましたが、そのうちの一人は昨日のカキコミで記したかねやんこと金田さんです。体も態度も声もでかいですが器もでかいです。でもああ見えて繊細さもある人ですね。とても80歳に見えない元気さもありますし。
4. Posted by 浅田真季   2012年10月23日 21:06
そうだね、履いてみよう!
5. Posted by アマゾネス   2012年10月26日 12:21
5
良いですねエ。
じわっと来ました。
目が潤みました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment