2011年06月30日

くちびる

あたしの唇。。

あたしの、唇って。。

と、今日 考えた時間がありました。

今日ね、ちょっとドラッグストアーに行ったの。
そこで珍しく、口紅コーナーで立ち止まったの。

最初に言っときますが、まるで買う気はないよ。

なのですが、店員さんが
「塗ってみます?」と言うので

お言葉に甘えてしまったのです。

店員:『どんな色がお好きですか?』

maki:『色があまりつかないものがいいです。。』

そう言うと、薄めのピンクと
それより少し濃いめのピンクを
用意してくれたの。


丁寧に塗ってくださり、どうですか?と店員さん。

鏡を見て、私は思わず顔を伏せてしまった。

いやぁ〜口紅塗るだけで、化粧しました!って顔に
すっごい恥ずかしくなったの。

思わず、店員さんに「私、無理です」って言ったら
ではこちらの濃いめを塗ってみましょうと店員さん。

さっき、薄めを塗ってダメだったんだから
濃いめは更にだめでしょうとココロの中では
思ったものの、「じゃぁお願いします」と言ってしまい、

結果、塗った自分の顔を見たら
もう、自分の顔じゃない感じ。

と、言うのも私、口紅を塗るのって
年に2回くらいだと思うのよね。

このことを店員さんに告げると
その年に2回というのはどういう時なんですか?

と、きた。

まぁそうやろな。

私が店員さんでも聞く。

とりあえず、「ここぞという時に。。」と言っておいた。

が、実際はまるで覚えてない。

おそらく、興味本位か撮影の時くらい。

その後、店員さんは
次から次へと口紅を持ってきてくれたのですが
塗っては、何度も拭いてを繰り返したので
唇がヒリヒリしちゃって
そこで終了。

私の唇が女になることは
今後ないのでしょうか?

一生、透明のグロスのような気がします。

でも、私の唇で誰かの
お洋服を汚すことはないと思います。
(満員電車とかね)

ちなみに、今年は
まだ、塗ってない。

では今日の一言
せーの!『今ドキドキしてます』

venusvoice at 21:28│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by MA-100140   2011年06月30日 21:57
5
まだドキドキですか?でも真季さんなら口紅をお塗りにならなくても大丈夫ですよ。おきれいですからね。
2. Posted by アマゾネス   2011年06月30日 22:06
5
そうだったんですか。
真季ちゃんに会う時はいつもルージュを引いてると記憶しています。
でもそう言えばPodcastの中では引いてないのかも・・・

海外のお土産にと買ってきても使ってはもらえないんですね。−−−なんてね。
3. Posted by 元気   2011年06月30日 22:37
お身体の具合はどうですか?
あまり無理しないで、スローペースで行きましょう!

言われてみれば、真季さんに会った時はいつも自然な色でしたもんね…これからも、透明なグロスで充分ですよ。

真季さん断れないタイプですね(笑)(*´∀`)♪
4. Posted by FTO   2011年07月02日 02:10
5 女性は、すっぴんが一番

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment