2009年08月06日

こんばんは
睡眠時間1時間半。
日ごとに
ハードになってくmakiです。

日付が変わってしまったので
昨日になっちゃいますが

どんなに時間を費やしても
方法を変えてもどうしても
自分の家の機材では
どうにもならないことが
いくつか出てきて
ちゃんとした機材のある
マトリクスというスタジオで
作業を一緒にさせて頂きました。

それでも、結果がいい方にでるかは
やってみないと分からないという
難しい課題がある中、
強い見方になって
タッグを組んでくれたのは
まだ23歳のめぐみちゃん。


たった、一秒で
全く違う形になる。

まぁいいか!で
終わらせてしまう事もできるけど
それができないのが私だ。

まぁ基本そういう所が不器用なのかもしれないが…

そして今日一緒だっためぐみちゃんも
私と同じような感覚の方なのか
私がわざわざ口に出さなくても
まぁいいか!で通りすぎる事が
できたはずでも、見事に彼女は
その数秒の世界と何が一番ベストなのか
そこにちゃんとフォーカスをあてて
作業を進めてくれた。

good job
彼女の頭をよしよしなんてしちゃったけど
涙ちょちょぎれる想いだったよ。

何日も何日も一人で悩んで
やってきた作業に
やっと光が射した。

そして作業の途中で
私はリハがあったので
夜別のスタジオへ。

そして帰宅すると
『あの曲』のオケデーターが届いていた。

『あの曲』…
fou' d amour の代表曲と言えば
あの曲ですよね(笑)

わかるかなぁ?

浅田真季メドレーは私が作ってるけど
あの曲はあの方にお願いしないと
絶対に無理。

あの方だからこそ
あの曲が生まれた。
そう言っても過言じゃないだろう。

先日、曲のデーターを探していたら
あの曲の原曲がでてきた。

『meet again 』と
その当時はタイトルをつけていた。

スタジオに入るなり
その方はいきなり曲を作り始めて終わるや否や
「じゃ、これに今から詞をつけて」
そう言って、彼はスタジオ内のソファーで
眠ってしまった。

当時、「なんて人だ!!!」って
びっくりしたし、『え、今 書くの!!」と
戸惑った。

でもできてしまった。

そしてその日にデモを録った。

それがmeet again であり
あの曲なのだ。

ずっと歌いたかった
あたしの中のテーマがそこにはあって
メロディー、アレンジ、すべてが
「あたし」そのものだった。

届いたデーターは
まだ完成ではないらしいが
それでも心が震えた。

新しいあの曲が誕生した気がしてる。

あの時のあの曲ではなく
今のあたしが歌うあの曲。

さぁ、今日もまだまだ
あたしの作業は続きます。

今はとにかく頑張りたい。

写真はめぐみちゃんの後ろ姿と
睡眠時間1時間半のあたし。

では今日のひと言、あの曲と言えば
せーの!「どんな声であのこ抱いているの』
megumi
















venusvoice at 02:49│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by MA-100140   2009年08月06日 05:33
真季さん、おはようございます。
ハードな毎日みたいですけど、超充実ってところでしょうか。
今は一気に突っ走って、納得できるものができたら、是非ゆっくりと休養をお願いします。真季さんの力作楽しみです。
2. Posted by おっちゃん   2009年08月06日 22:21
真季さん、忙しくしていますね。

睡眠は十分取ってくださいね。


めぐみちゃん、good job

N目Pもgood job!
ピアノバージョンですか?
スコアあればギターで弾きますよ!
あっ,久世さんが!(笑い)
コード弾きくらいなら僕でも…




        どんな声?
               ファルセット??
3. Posted by FTO   2009年08月06日 22:41
4 ファイト〜

納得できるまで、遣り尽くせ

でも、しっかり寝て、身体&脳を休ませることで、あはっ的な、素敵なアイデアも生まれることが多い。(*^^)v

休息、お仕事、お食事など、バランスよく行きましょう

光明が見えて来ると、嬉しくなって、つい更なる高みを目指す→人これを欲望と言う(成長・スキルアップとも言うか)(笑)
4. Posted by 浅田真季   2009年08月14日 00:35
欲望のかたまりだな、あたし。
5. Posted by 浅田真季   2009年08月14日 00:36
>どんな声…

う〜んう〜ん

ふふ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment