2008年12月20日

少し切ないんだぁ

実家へ帰ったときの話ですが…

父が仕事から帰宅したので
玄関を開けると

父「おかえりぃ〜」

すると

母「ただいまぁ〜」


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


あのぉ〜おふたりさん、
間違いにお気づきになってますか!!と

言うと


うちでは
これが普通なんだよと

父が笑った。。。

どんなコントやねん

そんな親から生まれたあたしは
昨日、友人と電話で話をしてたら

『えーと
今月は2月やなぁ。。

あっ、あっ、あっ 違う
5月だ!』


友達は愕然としておりました。

頭打ったせいで、どっかおかしくなった あたし?

でも今更ぁ〜ですよね。
全然 心配してない (゚∀゚)アヒャヒャ

そして今日は ちょっと切ないんだぁ。

安静中ですけど
じっとしてられなくて
創作作業とかやってますけど
今日は 友人のライブに
ゲストで出させて頂いた時の
ムービーや写真を編集していました。
懐かしい映像だぁ、
だってもう9年前のものだもん。

それをその彼女にプレゼントしようと思ってね。

この日は『つぶやき 』という 歌を歌いました。
彼女が曲を作ってくれて 私が詞をつけたの。
いい曲なんだよぉ。

みんなにも是非聞いてもらいたい曲です。


彼女はとても優しくてぬくもりのあるものを
与えてくれる人です。


彼女の歌を聴くと
涙がポロポロでてくる。


前に電車乗りながら聞いてて
涙があふれて困った事がある(笑)

それくらい 響く。

「この町で夢を見てた」という曲があるんですけど
この歌を聴くと 涙が止まらないんだぁ。

彼女のこの歌を
スライドショーに貼付けて
聞いてたら ポロポロ

きっと私が原点に戻れる歌なんだと思う。


彼女の名は 関谷真美
私と同郷のアーティストです。

涙があふれる
でも 

やっぱ、

涙をのみこむ

つらいから
さびしいから
くるしいから

そんなんじゃなくて
そんなんじゃなくて

この涙は
なんなんだ

今 あたしのそばで
泣いていいんだよと言われたら
わんわん 泣いてしまいそうだ。

そして彼女の歌を口ずさむ

「どんなに 自分が変わっても 帰りたくなる場所」


venusvoice at 01:43│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まみろん   2008年12月20日 10:44
一人じゃないって言ったでしょ
あなたには帰る場所があって、仲間がいる
ちゃんと繋がってる
それでも切ない時は思い切り泣く
それでちょっとはすっきりするよね
2. Posted by namazu   2008年12月20日 12:22
番組が終わり
放送局も無くなりました!
ホームページも消されてしまいました!
ところが!

前日の夜!
namazuは
番組ブログの写真を
パソコンに残し
スライドCDを作り
ゆりりん
わかちゃんに渡しました!

makiさんにも贈りたいと思います!


3. Posted by みっきい   2008年12月20日 15:37
私もいるよ。一人じゃないからね。
凹凸のない胸板だけど、おもいっきり泣いていいからね。
私も負けずと泣いてしまおう。
繋がってるよ。私とも、うん。頼りないけど。
4. Posted by 浅田真季   2008年12月20日 19:25
ありがとう
本当にありがとう

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment