2008年01月26日

幸せな王子

何年ぶりかにこの本を読んだ。
「幸せな王子」

幼少の頃に読んでから随分時は経ってるけど
読み始めると 当時感じたなんとも言えない想いが蘇る。

像になった王子の願いを叶える為に
王子がまとう金や宝石を貧しい人たちへツバメが運ぶというお話。

残り5ページでこらえきれない想いが
涙になります。

『だってぼくは、きみをほんとうに好きだから』

読み終わった後どこかに置き忘れていた大切なものもを
見つけたような、何かが体中に広がっていくような
本を閉じた後、今すぐ好きな人に会いたくなると思います。

幸せな王子



venusvoice at 23:33│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by FTO   2008年01月26日 23:44
5 素敵な、お話の様ですね

大切なこと(気持)は、忘れない様にね。(^_-)-☆
ってか、私の場合は・・・。

では、makiさんに、その様な気持ちが思える、お互いを見付けられるよう、星の王子さまに、お願いし〜ましょっ
2. Posted by サファイア   2008年01月27日 00:34
これって絵本ですか?
叙情的なお話のようですね。
こどものころに感動したことで、今も変わらず感動できることって、ありますよね。
ひょっとしたら、変えられないのかも。

図書館のHPで検索してみます!
3. Posted by たつぼん   2008年01月27日 22:12
5  たつぼんが、この本を読んだら・・きっと家族のことを思い出すだろうな。なんだか切なくなりそうです。読みたいような、読みたくないような・・。
4. Posted by サファイア   2008年02月06日 15:50
図書館から借りて読みました。
物語の細かいことを書くと、これから読まれる方の楽しみが、半分無くなってしまうので、感想を二つ。
まず、まっぷたつに割れても溶けない王子様の魂とも言える心臓に、作者のメッセージを感じました。
それから、最後に出てくる以外なキャラに救われました。

・・・と、感想を書きましたが、この本はとにかく素晴らしく美しい! 老若男女に問わず、プレゼントには最適です。
訳者の違う「幸福の王子」と「幸福な王子」も読みましたが、この「幸せな王子」と比べると天と地の差です。
とても綺麗なアート作品と言う感じです。 
出版社のリトルモアのマワシモノみたいになってしまいましたが(笑)。
makiさん、お勧めサンクスです!
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment