2006年09月24日

lovers

ある本を下北沢で2時間くらいずっと読んでたの
そして思ったの

恋なんて何が決め手になるかわかんないって。

すべての条件を満たした人が 目の前に現れて
自分を好きだと言ってくれても それが決め手になるとは限らない

いつもどこかに 触れていないと 寂しくなってしまう
それは誰もが 経験するような 感情 感覚 恋の甘い蜜

けど それも いずれ どこかに
置き去りにしてしまう 感情 感覚なのかもしれない

大切な人の 声をいつも聞きたい
大切な人に 今日も明日も会いたい
大切な人の 手にいつも触れていたい
大切な人に 一番に伝えたい
大切な人の 寝顔が 愛しく思える

最初に覚えた 大切な人への 愛しい気持ちを
ずっとずっと 心に 

どんな形が正解なのかは 誰にもわかんない
数えきれない想いを 繋げながら
恋人同士は 笑う
だってふたりでひとつなんだから

今日は そんな幸せそうな カップルに
たくさん出逢った日でした

ぶどう

venusvoice at 05:53│Comments(7)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うっちぃ   2006年09月24日 06:35
5 だよね

何が決め手になるかわからんよね〜

おいらは、ふっとしたタイミングだと思うけど
どうなんだろ??
2. Posted by シンゴちゃん   2006年09月24日 08:14
カンペキな人間ほどつまらない。何でも全力を出さなくても良いから。

出来る事10有るうちの1つ出来る、9つ出来ない事がその人の個性。9つ出来ない事を克服するために努力する。

人の長所を見つけるのが難しい。長所を見つけた男女が結ばれる。それが、恋愛であり結婚である…。
3. Posted by win   2006年09月24日 08:31
好きな人に会う度に ああしたい こうしたい
その場から離れる度に ああできたら こうできたら
いつもそう思う

そんなにうまくいかない事はわかってる

でも これだけは言える
形は色々変わるけど 好きという感情は変わらない真実

想う気持ちは力になってる

恋の決め手かぁ。
なんやろ、よくわからん。
気付いたら好きになってた。

少なくとも俺は過去形にはしたくない。
4. Posted by FTO   2006年09月24日 11:17
5 恋の話

私の場合、非常に単純です。
相手の方の、雰囲気・波長・言動などを、トータル的に感じて、恋に落ちます。

恋は、自分勝手な思いを、相手に寄せることだと思っています。
それが、相手にしっかり受け入れられ、恋愛に成長していくのだと思います。

>最初に覚えた 大切な人への 愛しい気持ちを
>ずっとずっと 心に 
とっても、素敵で幸せな事だと思います。
そして、とっても大切な事ですよね。

>どんな形が正解なのかは 誰にもわかんない
そうですね。
そでぞれの、恋人同士にそれぞれの、色・形・思いがある。
ただ、共通するのは、相手の事を一番考えていること。

いつまでも、成長し続ける恋愛した〜い
5. Posted by たつぼん   2006年09月24日 17:37
 いやー、いいお話ですね。
自分は結婚して7年。本当に妻と出会えてよかったと思っていますよ。自分は恋愛結婚だったけど、大事なのは、パートナーの嫌な部分が分かったときに、どうするか?ではないのかな?好きな部分は誰だってとことん好きになれるからね。自分は、ある部分は気にしないことにするし、ある部分は自分が補うようにするし。この世に完璧な人間はいないのだからね。
 恋愛はエキサイティング、結婚はタイミングですよ。
6. Posted by MAKIラブ   2006年09月24日 20:23
5 MAKIさんめちゃくちゃ真剣な内容でしたね僕もわかる部分もあるけどしかし完璧にいった恋はそこまでないと思います!しかしそこでなげいたりしてしまったら別れる結果になってしまいますしかしお互いの気持ちがあれば別れない結果のほうにいくと思います!なんか変な感じになってすみません!
一ついえるのは恋は慎重にですかね!^−^
7. Posted by 元気   2006年09月24日 22:43
makiさん、皆さん1日お疲れ様でした。

何故か相応しいコメントが浮かびません。
やはり、大切な人への愛しい気持ちを、
ずっと心に持ち続ける…これが大事でしょうね。

今日は、何だか妙に心に染みました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment