2006年09月02日

The Rose

6e179ce0.jpg
窓から私を呼ぶように風が吹いた瞬間の
写真です。





『どうか思い出して
厳しい冬、冷たい雪の下で寒さにじっと耐える種こそが
暖かい太陽の恵みを小さな体いっぱいに受けて
春、美しい薔薇になれるのだということを』


これは 私が好きなベットミドラーのRoseという曲の
一部分です。

そうメールで頂いたんだけど
私のアルバム foud'amour の中に『あの日の恋も』って言う曲があって
欲望よりもこの曲が好きだって(笑)いうメールが届いたの。

曲順も含めてあの曲をラストに持ってきたのは
プロデューサーの意向ですか、それとも maki自身?って質問があったんだけど
あれは 最初から ラストに持ってきたいっていう私の気持ちもあったし
プロデューサーもそうだったと思います

曲順も 全体のストーリーの流れと私の心の流れを大事にして決めたつもりです。

ちなみに『あの日の恋も』は
私が22歳の時に書いた詞です。

どこかまだ躊躇する気持ちがありながらも
確かなものは何もないけどそれでも
明日を信じたい、彼と歩いてゆくっていう
決心を固める真夜中から、そうだな。。
朝4時くらいまでの(笑)
心の動きを書いたんだよね。

実にリリースまで8年も温めてきた曲です。






venusvoice at 19:41│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シンゴちゃん。   2006年09月02日 20:27
オレが22歳の頃は・・・。ま、いっか・・・。

『あの日の恋も』

この曲のどこが良いとか、具体的に表現できないのが残念ですが、『オレの心に来るもの』が有る。

自分の直感を信じたいよね。(^u^)
2. Posted by やまみのり   2006年09月03日 00:34
「欲望」よりも「あの日の恋も」が好き。同じように思うやまみのりです。

アルバム foud'amour は、最初から最後まで通して、ひとつのライブのステージみたいに感じます。makiさんのライブには行った事がないのですが(すみません!)、照明の感じとかMCとかもなんだか浮かんでくるような気がするんですよ〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment