2022年05月

2022年05月19日

昭和の女です

半月くらい前かな、
美容室でのショット。

前髪をがっつり
作りたかった私。

結構重めでとオーダーし
出来上がったあたし。
サイドも幅広め。

タイトルは
『昭和の女』

そもそも昭和やし( ˘͈ ᵕ ˘͈ )
大好きだわこの前髪❤️




では今日の最後に
心に深く残ったフレーズ

「あなたは私の青春そのもの」


追伸
いつもコメントありがとうね!
レス待っててね〜




venusvoice at 20:44|PermalinkComments(6)

2022年05月16日

こんばんはとおやすみを。

近頃はあまりこん詰めすぎず
過ごせてる浅田真季です、こんばんは。

最近は、新作キャンドルさんたちの
商品撮りやそれに伴いショップの編集やら
サイトの更新などありますが、
朝まで作業はせず、午前0時には
なるべくベッドへ入ろう!
そんな風な目標も立て

昨日は、久々にキャンドルの動画を作り
動画を撮る環境が暗かったので
あまりきれいではありませんが
そんなこともやったり。




いっこいっこ丁寧に向き合い
制作頑張ろう。

写真は先週撮ったもの。
以前住んでた近くの海岸。
由比ヶ浜ね。


Sea -由比ヶ浜


時々とても恋しくなる




venusvoice at 22:51|PermalinkComments(5)

2022年05月12日

もう、びっくりしたよ!!

5月8日(日)、無事に湘南T-SITE蚤の市を
終えることができました。
インスタ(fou d'amour)で蚤の市の
様子ご紹介しています。

沢山の方にご来店いただき、
完売となった商品もあって
ありがたい1日となりました。

そんな中!!!!!

お店もちょっと落ち着き始めた頃
ふと、帽子を目深にかぶった
一人の女性が私の真正面に立ち
じーっと見つめてくるじゃありませんか

何か、言いたげそう。
そして
すっごくすっごく小さな声で
「お、お、お....」と言う

なんだか、その女性の瞳が
もーウルウルしていて

でもその今にも涙が溢れそうな
瞳が懐かしくて
どこかでお会いしてるけれど
帽子も目深だし、マスクだし
決定的なことがわからず

「ごめんなさい、
どこかでお会いした方でしたか?」と
聞いたその時に、記憶がぶわぁーっ
と一気に巻き戻った。

R.Oちゃんだった。

私が浅田真季としてデビューした時に
所属していた事務所でファンクラブの会報や
当時はパソコン通信だったけれど
パソコンを駆使して、私を支えてくれてた女性。

私より年下だけど、なんだかしっとり大人っぽくて
物静かな感じで、しっかり仕事をしてくれた。

実に23年振り。
当時からプライベートでの
付き合いはなかったから
本当にこの再会は、驚きと感動しかなかった。

いつもならここで、私がポロポロ泣くところだけど
私より先に彼女がタオルで目をぬぐうから
「泣いてくれてるの?」って
よしよしってするしかない。

結構な遠い距離を電車で湘南まで来てくれて
彼女が帰った後も、胸にじわじわと
押し寄せるものがあった。

よく覚えててくれたなぁって。
あぁ、一生大事にしようって。
彼女も数年前に結婚したようで
幸せに暮らしているのだけれど

彼女はおそらくあの時の彼女のまま
美しく控えめで、ひとつひとつを
丁寧に紡ぐように日々を
過ごしてるんじゃないかなぁって
思えるんだぁ。

彼女がいつまでもいつまでも
幸せでありますように
心から願います

でね、実はね
これ本当に本当に本当のことなんだけど

彼女とこうして再会する
半月前だったのか
1週間前だったか

忙しすぎたので時間の感覚はあまりないけれど
急に彼女のことが
「ふわっ」と頭の中に浮かんだの。
で、元気にしてるのかな?って
思わず言葉が出ちゃったくらい。

彼女のプライベートはまるで知らないので
その先のことは知る由もないけど。
そんな風なことがあったのよ。

だから、彼女が「ふわっ」と
私の目の前に現れのは
ただの驚きではなかったんだよね。


あぁ、長くなっちゃったね。
ごめんね

さて、これからはちょっとずつ
ブログの更新頻度を
増やしていけたらなぁって
思っているので、
よろしくね


写真はそのR.Oちゃんと。

23年振りの再会



venusvoice at 19:37|PermalinkComments(8)
浅田真季

1989年
WEEKLY漫画アクション
第3回ミスアクショングランプリ

TV・ラジオ・グラビアで活動を経て 1995年7月25日 シングル「戻りたい 戻れない」でeast west japan (現ワーナー・ミュージック・ジャパン)よりメジャーデビュー。

Comment